電話占いを利用するメリット

ネットで占いサイトが増えたので、悩みや不安をそうしたサイトに相談しようと考える方も多いでしょうが、こうしたネットの占いサイトでは大きく分けて電話での相談とメールでの相談を行うことが出来ます。どちらも従来の対面での占いとは随分性質の異なるものになりますが、ここでは電話占いとメール占いの双方を比べながら、貴方の相談に最も適した方法の選び方を見ていきましょう。

まずとにかく話を聞いてもらいたいという方には当然電話占いをおすすめします。メール占いは相談内容を整理しながら要点を上手くまとめられるという点では非常に便利なのですが、文章を書くだけでは自分の気持ちを表せないこともあります。人は具体的な解決方法が提示されなくても、誰かに話しを聞いてもらうだけで気持ちが楽になるものなので、メール占いではなく電話占いによって発散出来るものもあります。こうした事は精神科医やカウンセリングの場でも用いられる技法ですが、ただ「うん、うん」と話に傾聴してもらうだけでも、不安やこれまでの悩みの多くが楽になることもあります。

そして相談内容によってもメール占いと電話占いは区別することをおすすめします。気になる人との相性や仕事運などは、生年月日や姓名判断で占うことが多いのですが、これらは文章情報があれば占うことが出来るので、わざわざ電話でなくてもメールで済むことが多いと言えます。もちろんメール占いは占い師の解答もメールなので、生の声でアドバイスを受けたいという方には向きませんが、ただ相性など結果を知りたいというケースでは、電話占いよりもメール占いの方が適しているかも知れません。しかし、複雑な人間関係や漠然とした不安など、文章にするのが難しい内容に関してはメール占いよりも電話占いの方が適しているでしょう。メール占いでは文章量に制限があることも多いのですが、要点を上手くまとめられないこともあります。無理にまとめても相談内容の全てを包括出来るとは限らないのですが、電話占いならば自分の言葉で伝えることが出来るので、相談内容によっては電話占いの方が優れていることもあります。

このようにメール占いと電話占いにはそれぞれメリットデメリットがありますが、単一の方法を使い続けるのではなく、それぞれのケースやタイミングによって上手く使い分ければ良いでしょう。占いは一生に一度の大きなタイミングだけでなく、日常のほんの小さな選択にも活用出来るので、ぜひ上手く付き合って下さい。